FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

大切な家の要

2011.05.12 (Thu)

築30年のU様邸。
トイレの水もれや床下の換気孔のずれなど、
最近少し気になる所が出てきたという事で当社に来店して下さいました。

建てた時の業者はすでになくなっており、当社の営業が現場調査に赴きました。
見た所、外観はキレイで立派なお宅でしたが、
床部分は廊下や応接間など3~5センチのにひずみがありました。

念のために床下診断を提案して専門の業者に診てもらった所・・・。
基礎部分のコンクリートが、施工したセメントの劣化により弱くなっていました。
またむき出しになった鉄筋は腐食が進んでいました。
換気孔が外れたのもこれが原因でした。

「このままでは心配!」という事で基礎の補強工事と、
将来の事を考え床のひずみを直して、1Fをバリアフリーにする事になりました。
その工事の様子をブログでお届けします。

まずは工事のスケジュール、工程表です。

unemoto2.jpg

5月10日
youjou.jpg
『養 生』ホコリなどが他の部屋に行かないように、
周りをビニールシートで覆います。

斫り中
『斫り(ハツリ)中』コンクリートを削ると、腐食した鉄筋が露わに・・・。

5月11日
斫り(ハツリ)完了
『斫り(ハツリ)完了』表面がぼろぼろになったコンクリートの間に腐食した(錆びた)鉄筋が見えている。

鉄筋組み
『鉄筋組み』錆びた鉄筋には錆び止めの処理をして、新たに鉄筋を組み替える。

tekkinn.jpg

基礎の幅は10センチから倍の20センチに。
こうして基礎が補強されていきます。
見えない所ではありますが、基礎は住宅の『要』です。
ゆるみがあってはならない所です。

U様がこれからも安心して住んでいただけるように、当社も作業を進めていきます。
なかなか見ることもできない床下の工事です。
次の段階はまた後日お届けします。お楽しみに。

                       営業1課 KETH(キース)



16:06  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yamamotostaff.blog74.fc2.com/tb.php/58-0623b648

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |