FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

「ハングリーであれ。愚か者であれ。」

2014.11.03 (Mon)

営業部の多尾田です。

最近、いろんな経営者の方にお会いする機会が多く、
その人たちはこだわりをもって会社経営されているんだなと感じる今日この頃です。

いろんな挫折や困難でも乗り越えてらっしゃる。
感心するばかりです。

「自分たちは何を売っているのか」
「商品を通してどんな価値を売っているのか」
経営者の方々はよく考えていらっしゃいますね。

私も振り返ってよく考えるようになりました。
商品だけでない。
それでも商品は大事。
売れる商品とは・・・・。

ハイブリット車。
ヒートテック。
アイフォーン。


そんな中、「サムスンがアップルに勝てない理由」という記事。
なんとなく、ヤフーニュースを見ていると目に留まるものが。
その記事を1部ご紹介。


「iPhoneを使う人はiPod時代からダウンロードした曲・動画など有料コンテンツの購入金額が約8万円分ほどにもなっている。これを捨ててギャラクシーに乗り換える理由はなかった。」
「サムスンがスマートフォンを売るのに対し、アップルは生態系を売る。」
「サムスンが魚を追いかけるなら、アップルは養殖企業だ。」
「iPhone顧客の忠誠度は高い。」
「iPhone利用者の76%が新しいiPhoneに乗り換える。」
「サムスンが流れを変えるには、大きな怪物、いわゆるゲームチェンジャーが切実だ。」
「ギャラクシーに防水やバイオ機能を付けたところでどうしようもない。
サムスンにはこうした機能よりも新しい価値を生み出すことが重要だ。」



発売当初からのアップルファンではありませんが、ガラケーからスマートフォンに変えてアップル製品を愛用しています。

なぜ?
その理由は・・・・。
商品づくりに半端なく、こだわっている。
商品を売っているのではない。
その商品を使っていろんなことができることを売っている。
細かいことは割愛しますが・・・・。

社長~。
藤川君~。
早く変えたほうがいいでよ!!

みなさんはどうですか?

所有欲の満足感。
使い勝手の良さ。
デザイン。
いろいろあると思います。
それでもアイフォーンは世の中にないものを発明したとかでなく、
今存在しているものを「イノベーション」したことや
iTunesで音楽業界に変革をもたらしたことでも有名ですね。



いろんなメディアに触れたとき、愛用しているということもあるため、
「アップル」「スティーブ・ジョブズ」などのキーワードには目が留まります。

先日もDVDレンタルで「スティーブ・ジョブズ」という映画をみました。
当社の社長が本の出版時に購入したものをお借りしてどんな人物か、どんな生い立ちだったか知っていましたが・・・・・・。

まさに「変人」。
それでも世の中を変えた人物。
すさまじい人生を送っていたようです。
すごいですね。

自分もそんな人にはなれないですけど、常にこだわりを持って生きていきたいですね。

会社経営されている社長といわれる人たちは自分の「哲学」「こだわり」をもってらっしゃいますね。

ジョブズネタでYOUTUBEのお気に入りの動画。
ぜひ、見てください。

伝説の卒業式スピーチ。
ジョブズの生き様が垣間見える動画ですし、勇気が湧いてきます。



「ハングリーであれ。愚か者であれ。」



22:52  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yamamotostaff.blog74.fc2.com/tb.php/356-b742d0dc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |